日本人女性が閉経を迎える年齢は、だいたい45歳〜55歳で大半の女性が閉経を迎えており、平均して51歳であると言われています。閉経は女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)であれば誰にでも起こる事ですが、閉経を迎える年齢は人それぞれです。中には、20代や30代で閉経を迎える女性がいますが、この場合は通常の閉経とは異なることが多く、生活習慣の乱れや食事習慣の乱れ等が原因で、生理が止まったり、閉経を迎えてしまう場合があります。こういったケースでは、今後の体調への影響や妊娠の可否にも影響を及ぼする為、医療機関への受診が必要です。では、閉経の兆候とは、一体どの程度の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)があるのでしょうか。まずは、一番わかりやすい症状として、生理不順が挙げられます。これは加齢による女性ホルモンの分泌の低下、また、ホルモンバランスの乱れからくるものです。今までは、毎月同じような周期できていた生理の周期が乱れ、生理の周期が短くなったり、反対に長くなったり、出血の量が少なくなったり多くなったりします。この症状というのは閉経(骨粗しょう症になりやすいといわれていますね)する直前まで続き、繰り返すことによって閉経を迎えます。また、閉経を迎える時期というのは、大半の女性が更年期でもありますから、更年期障害の症状である肩こりや頭痛、腰痛、手足のしびれ、のぼせ、関節痛などの症状が閉経(婦人科で検査をするとはっきりとわかるそうです)前の症状として表れます。しかし、このような症状は非常に個人差があり、症状が軽く日々の生活への影響が少ない人もいれば、症状が重く日常生活も困難な状態になってしまう人もいるみたいです。症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が重く日常生活への影響が出てしまう場合には、速やかに婦人科や更年期(人によって具体的な時期は畭なります)外来を受診してくださいねー